油坂 (アブラザカ)

nishifu | 2012/8/13 00:13
写真登録: nishifu
油坂(揚場坂) 本郷2-1と2-2

 この坂は、油坂または揚場坂と呼ばれている。坂の左側は本郷給水所公苑である。『油坂、元町1丁目と東竹町辺の間を南に下る坂あり、油坂と呼ぶ』(新撰東京名所図会)とあるが、その名の起りは不明である。
 この坂は別名『揚場坂』といわれているが、その意味は神田川の堀端に舟をつけて、荷物の揚げおろしをするため、町内地主方が、お上に願って場所を借りた荷あげ場であった。この荷揚場所に通ずる坂道を揚場坂道と呼んだのがのちに『揚場坂』と言われるようになった。
 『揚場坂と申し、里俗に近辺には無御座候得共、町内、持場揚場御茶の水河岸内に有之候に付、右揚場坂道を他所の者、揚場坂と唱候儀も有之趣に御座候』(御府内備考より)

 文京区教育委員会の標識(昭和62年3月)より。

別名: 揚場坂
距離: 80m | 高低差: 4.01m
愛称: 揚場坂
東京都 文京区 本郷二丁目 1-1
QRコード

コメント (1)

nishifu
標識で引用されている御府内備考の「…町内、持場揚場御茶の水河岸内に有之候に付、…」の記述は、ぶんきょうの坂道(東京都文京区教育委員会社会教育課編、発行、昭和55年7月1日第二刷)では「…町内持物揚場御茶の水河岸内に有之候に付…」となっていました。
正確には原典に当たってみるのか良いかもしれません。
が、墨で書かれた文字は私には無理かも X-)
--
nishifu