樹木谷坂 (ジュモクダニザカ)

nishifu | 2013/5/18 06:24
写真登録: nishifu
樹木谷坂 文京区湯島1-7と10の間
 地獄谷坂とも呼ばれている。この坂は、東京医科歯科大学の北側の裏門から、本郷通りを越えて、湯島1丁目7番の東横の道を北へ、新妻恋坂まで下がる坂である。そして、新妻恋坂をはさんで、横見坂に対している。
 『御府内備考』には、「樹木谷3丁目の横小路をいふ」とある。
 尭恵法印(ぎょうけいほういん)の『北国紀行』のなかに「文明19年(1487)正月の末、武蔵野の東の界・・・並びに湯島といふ所あり。古松遥かにめぐりて、しめの内に武蔵のゝ遠望かけたるに、寒村の道すがら野梅盛に薫ず」とある。天神ゆかりの梅の花が咲く湯島神社周辺のようすである。
 徳川家康が江戸入府した当時は、この坂下一帯の谷は、樹木が繁茂していた。その樹木谷に通ずる坂ということで、樹木谷坂の名が生まれた。
 地獄谷坂と呼ばれたのは、その音の訛りである。
 なお、湯島1丁目の地に、明治14年(1881)渡辺辰五郎氏(千葉県長南町出身)が近代的女子技術教育の理想をめざし、和洋裁縫伝習所を創立した。その後、伝習所は現東京家政大学へ発展した。

文京区教育委員会の標識(平成10年3月)より。

別名: 地獄谷坂
距離: 90m | 高低差: 4.81m
愛称: 地獄谷坂
東京都 文京区 湯島一丁目 7
QRコード

コメント (1)

nishifu
坂下の新妻恋坂との角に おりがみ会館 という建物があり、ご高齢のご主人(90歳を超えるという二代目小林幸助さん?)が出迎えてくださいました。無料でしたので、お時間のある方は是非。
--
nishifu