妙貫坂 (ミョウカンザカ)

nishifu | 2013/7/3 05:37
写真登録: nishifu
妙貫坂 (みょうかんざか)

 前原坂上交差点は、その昔「六道の辻」といって、六本の道が交差していた。その一本がこの道で、畑や水田の耕作のための農道であった。
 急な坂の東側に墓地があり、その南側、現在のカシ並木があるあたりに、明治中ごろから大正の初めごろまで「妙観(貫)」といわれる僧が「庵」を造り住んでいたので、妙貫坂とよばれるようになった。

標識より。
距離: 78m | 高低差: 8.32m
東京都 小金井市 中町四丁目 13-7
QRコード

コメント (1)

nishifu
130609-11-小金井-妙貫坂-遺跡の案内板P1010263
坂上に「西之台遺跡B地点」の案内板がありました。旧石器時代の遺跡で、武蔵野台地では現在のところ最も古いものとのこと。
--
nishifu