大尽の坂 (ダイジンノサカ)

nishifu | 2013/7/27 17:33
写真登録: nishifu
大尽の坂
 昔、この坂の西側、仙川の北に鴨下荘左衛門(さもしたしょうざえもん)という人が、醤油醸造業を営んでいて、大変な富豪であった。近隣の人が醤油を求めるために通った坂で、人々は、大尽の坂とか、玉荘(醤油の銘柄)の坂と呼んでいた。
標識より。


玉荘の坂
 桜町一丁目の社会福祉法人・聖ヨハネ会・桜町病院の西側の坂。かつてはこの道に面して西側に、醤油製造と質屋を営む村内では大財産家の誉れが高かった「玉荘(たましょう)」という大店があったので、この名がある。今は「病院の坂」とも呼ばれているようだ。
続小金井風土記(芳須緑著、小金井新聞社、昭和61年7月1日初版)より。

別名: 玉荘の坂、病院の坂
距離: 201m | 高低差: 6.05m
愛称: 玉荘の坂、病院の坂
東京都 小金井市 本町三丁目 14-25
QRコード

コメント (1)

nishifu
残念ながら、ちょっと見たところ辺りには、醤油屋はありませんでした。病院のところにあったのでしょうか。
小金井では、鴨下という名前がお店の看板に使われているのをちょくちょくみました。鴨下一族がいらした/いらっしゃるんでしょうかね。
Webで調べると、陣屋坂で出てきた"小金井村名主 関勘左衛門"は、鴨下家の分家という記述も見つかりました。
--
nishifu