稲付城址坂 (イナツキジョウシザカ)

nishifu | 2014/5/27 05:47
写真登録: nishifu
稲付城址坂(いなつきじょうしざか)

稲付城址でもある静勝寺の東側にある山門へと上る坂。

『稲付城址坂(赤羽1-21-17、静勝寺から南に下る石段坂)
 傾斜のきわめてきつい石段坂。上から転落したら命が危ない。細い石段の両側には鉄の欄干がついており、踊り場も二カ所つけてある。
(中略)
 丘の上は、太田道灌の築いた稲付城趾で、道灌が岩槻城、川越城との連絡のために築いたものといわれ、通称道灌山といわれている。(後略)』
(引用者注:「南に下る」とあるのは誤記と思われる)
「今昔 東京の坂」(岡崎清記、日本交通公社出版局、昭和56年9月1日初版)のp362より。
距離: 21m | 高低差: 1.4m
東京都 北区 赤羽西一丁目 22-14
QRコード

コメント (1)

nishifu
かなり急な階段でした。静勝寺の南側と東側をぐるっと回る静勝寺の坂でさえ、かなりに急坂ですが、この稲付城址坂は、その高さを短い距離で一気に上るのですから、急な階段であるのも納得できます。
--
nishifu