異人坂 (イジンザカ)

nishifu | 2014/7/29 06:26
写真登録: nishifu
異人坂(いじんざか)

『 坂上の地に、明治時代東京大学のお雇い外国人教師の官舎があった。ここに住む外国人は、この坂を通り、不忍池や上野公園を散策した。当時は、外国人が珍しかったことも手伝って、誰いうとなく、外国人が多く上り下りした坂なので、異人坂と呼ぶようになった。
 外国人の中には、有名なベルツ(ドイツ人)がいた。明治9年(1876)ベルツは東京医学校の教師として来日し、日本の医学の発展に貢献した。ベルツは不忍池を愛し、日本の自然を愛した。
 異人坂を下りきった東側に、明治25年(1892)高林レンズ工場が建てられた。今の2丁目13番付近の地である。その経営者は朝倉松五郎で日本のレンズ工業の生みの親である。』
文京区教育委員会の標識(平成9年3月)
距離: 62m | 高低差: 0.73m
東京都 文京区 弥生二丁目 20-9
QRコード

コメント (1)

nishifu
この坂を訪ねた際、坂上のマンションの前で、外国の方がのんびりと佇んでらっしゃるのに遭遇し、あまりの偶然に思わず笑ってしまいました。今でも外国の方が多いんでしょうね。
--
nishifu