天地の坂 (テンチノサカ)

nishifu | 2012/3/27 05:37
写真登録: nishifu
 この坂名は、昔、坂の下に「天地」の屋号の家の水車があったことに由来しているいわれます。
 このあたりは、ひところは湧水が多く、古地図などにもその名が記されています。そのため、ハケ下にはワサビ田が広がり、その風景は一幅の絵画を見るようだったといわれています。ハケ下には滝も流れ落ちていたといわれ、「たきの下」「たきの前」の地名が歴史的に確認されています。昭和の初期ごろまでは、これらの湧水を利用した水車があったそうです。
昭和60年3月 府中市(標識より)
距離: 219m | 高低差: 5.4m
愛称: 水車の坂
東京都 府中市 八幡町二丁目 13-3
QRコード

コメント (2)

nishifu
標識にある『坂の下に「天地」の屋号の家の水車があったことに由来』という記述が気になって調べていたら、てんち米店さんの由来に『江戸時代後期から昭和の始めまで現在の東京競馬場の前を流れていた市川用水で水車を回してお米を搗いたり、粉を挽いたりしていました。』という記述があるのを見つけました。坂の名前の由来になった方が現代にいらっしゃることに驚いてしまいました。
http://www.107heaven-earth.com/keire...
--
nishifu
nishifu
実は、そのお米屋さんを利用してお歳暮を贈ったことがあります。
ネットで検索してみるまでは天地の坂との関係に全く気づいていませんでした。自分自身の鈍さがちょっと恥ずかしい(^^ゞ
--
nishifu