けこぼ坂 (ケコボザカ)

わかば坂 | 2012/2/5 21:45
写真登録: nishifu
けこぼ坂(けこぼざか)

『 この道は昔の祐天寺道で、祐天寺を経て碑文谷・衾に続く目黒の主要道路であった。
 かつて、このあたりは急坂であったため、斜面を切り開く切り通しの工事が何回となく繰り返された。その結果、道の両側の土手はますます高くなり、風雨にさらされた土手からは、赤土のかたまりがざらざらこぼれ落ちた。
 この状態を目黒の古い方言で"けこぼ"といい、土地の人々は、この坂を"けこぼ坂"と呼んでいた。』
東京都の標識より。

『正覚寺から中目黒小学校と目黒区総合庁舎の間を通り、祐天寺に上る坂道がけこぼ坂である。同坂道は祐天寺道の一部であり、古くは下渋谷から別所坂を下り、さいかち橋で目黒川を渡り、この坂道を通って祐天寺前から碑文谷に至る交通の要衝であった。

そのため古くから何回となく急な箇所を切り取る工事を繰り返し、同坂の距離はかなり長くなり、頂上部の勾配も緩やかなものになった。道路面の変化は、両側の土手の法面にも変化を与え、高い法面は崩れやすく、赤土のかたまりがざらざらこぼれ、道幅を狭めていたことさえあったという。この状態を古い目黒の方言で「けこぼ」と称し、名前の由来になったという。

けこぼ坂は駒沢通りとなり、現在も主要な交通路である。』
目黒区のWeb http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyos... より。
距離: 389m | 高低差: 14.13m
東京都 目黒区 上目黒二丁目 19-18
QRコード

コメント (1)

nishifu
目黒区役所の前の坂でした。
目黒区役所のWebの説明にある「衾」は「ふすま」と読み、目黒の古い地名とのことで、『現在の環七通りの南側全域が「衾(ふすま)村」と呼ばれ』ていたそうです。
http://www.city.meguro.tokyo.jp/smph...
--
nishifu