タグ » 東京富士見坂

合計: 1

目切坂

kuwa | 2012/2/6 21:12
写真登録: nishifu
131014-04-目黒区-目切坂-坂下P1020188131014-04-目黒区-目切坂-坂下P1020196131014-04-目黒区-目切坂-坂上P1020180131014-04-目黒区-目切坂-標識P1020189131014-04-目黒区-目切坂-標識P1020190131014-04-目黒区-目切坂-目切坂と旧鎌倉街道案内板P1020191131014-04-目黒区-目切坂-東京富士見坂P1020183131014-04-目黒区-目切坂-地蔵P1020177131014-04-目黒区-目切坂-地蔵案内板P1020176
目切坂(めきりざか)

 江戸時代の地誌「新編武蔵風土記稿」の上目黒村の項には「メキリ坂」という坂名がみえ、渋谷との境にあり石臼の目を切る職人が住んでいたため目切坂となったと記されています。由来については諸説ありますが、1800年代前半には「めきり坂」と呼ばれていたようです。

目黒区教育委員会の標識(平成17年3月)より。


目切坂と旧鎌倉街道

 目の前の坂が目切坂。江戸時代、近くに石ウスの目切りをする腕の良い石工が住んでいたことから、この名前がついたという。
 この道はかつての鎌倉街道でもある。源頼朝が鎌倉に幕府を開いた後、事変の際に援軍が鎌倉へ急行できるようにとつくられた道の一つ。「いざ鎌倉へ」と、鎧かぶとの武者たちが馬を飛ばしたのは800年も昔の話だ。

目黒区みどりの散歩道の標識より。

別名: しめ切坂、暗やみ坂
距離: 211m | 高低差: 17.07m
東京都 目黒区 上目黒一丁目 10-4
緯度:35.647170 経度:139.699210
QRコード
前 | 1 | 次