タグ » 神社名由来

合計: 43

神明坂

nishifu | 2013/10/9 06:15
写真登録: nishifu
130807-45-調布市-041-神明坂-坂下P1020005130807-45-調布市-041-神明坂-坂上P1020006130807-45-調布市-041-神明坂-坂上P1020008130807-45-調布市-041-神明坂-滝坂皇太神宮P1020007
神明坂(しんめいざか) 若葉町1-30・31

 寛永年間、入間村吉田兵部勧請と伝える神明社(今は滝坂皇太神宮と称す)の東から南に段丘崖を斜めに下る急坂。昔からあり。
 実篤公園東側。
「調布市文化財調査報告書 調布の古道・坂道・水路・橋」(平成13年12月10日、発行 調布市教育委員会)より。
距離: 110m | 高低差: 8.25m
東京都 調布市 若葉町一丁目 31-8
緯度:35.656973 経度:139.581723
QRコード

お諏訪さまの坂

nishifu | 2013/10/21 05:48
写真登録: nishifu
130817-10-調布市-109-お諏訪さまの坂-坂下P1020103130817-10-調布市-109-お諏訪さまの坂-坂上P1020093
お諏訪さまの坂(おすわさまのさか) 深大寺東町8-1・2

 現三鷹通り、古道(いなぶら通り※)の坂。離れた「お諏訪さまの坂(深大寺東町8-18)」に対して、この坂は直接諏訪神社前を通る。

 ※野崎の人見街道にあったよろず屋「いなぶら」に通じる道。逆方向へは「お諏訪さまへの道」で済んでいた。

「調布市文化財調査報告書 調布の古道・坂道・水路・橋」(平成13年12月10日、発行 調布市教育委員会)より。
距離: 77m | 高低差: 1.07m
東京都 調布市 深大寺東町八丁目 1
緯度:35.677322 経度:139.554903
QRコード

お諏訪さまの坂

nishifu | 2013/10/22 05:46
写真登録: nishifu
130817-11-調布市-086-お諏訪さまの坂-坂下P1020094130817-11-調布市-086-お諏訪さまの坂-中腹から坂下方面P1020095130817-11-調布市-086-お諏訪さまの坂-中腹から坂上方面P1020096130817-11-調布市-086-お諏訪さまの坂-坂上P1020097
お諏訪さまの坂(おすわさまのさか) 深大寺東町8-18

 三鷹通りの坂。下端だけが東に折れて上がる旧道(いなぶら通り)に含まれ、それをかつて野ヶ谷東側の集落の人々が諏訪神社参詣時に通り、お諏訪さまの坂と呼んだ。上部は戦後開通の都道(バス通り)の坂で無名。
 赤土の堀割の底のような急坂だったと伝える。
「調布市文化財調査報告書 調布の古道・坂道・水路・橋」(平成13年12月10日、発行 調布市教育委員会)より。
距離: 56m | 高低差: 0.65m
東京都 調布市 深大寺東町八丁目 18-1
緯度:35.678010 経度:139.555780
QRコード

稲荷坂

nishifu | 2013/11/1 04:48
写真登録: nishifu
131014-09-目黒区-稲荷坂-坂下P1020244131014-09-目黒区-稲荷坂-坂上P1020238131014-09-目黒区-稲荷坂-標識P1020242
稲荷坂(いなりざか)
 この近くに刺抜稲荷大明神があるので、稲荷坂と呼ばれるようになった。一説に、この道はかつての鎌倉道の一部とも言われ、目黒でも古い道の一つである。

目黒区教育委員会の標識より。
距離: 60m | 高低差: 9.08m
東京都 目黒区 上目黒四丁目 11
緯度:35.640684 経度:139.692879
QRコード

権現坂

nishifu | 2013/11/11 05:03
写真登録: nishifu
131026-09-板橋区-権現坂-坂下P1020315131026-09-板橋区-権現坂-中腹から坂下方面P1020314131026-09-板橋区-権現坂-坂上P1020312
権現坂(ごんげんざか)

 板橋区成増5-17の矢部青果の前から成増4-31へ南に、途中、やや曲がり南南西に上る坂。以前、権現神社が祀られていた。
距離: 105m | 高低差: 6.29m
東京都 板橋区 成増四丁目 21-14
緯度:35.786612 経度:139.634173
QRコード

番場稲荷の坂

nishifu | 2013/12/9 08:00
写真登録: nishifu
131027-27-板橋区-番場稲荷の坂-坂下P1020470131027-27-板橋区-番場稲荷の坂-坂上P1020471
番場稲荷の坂(ばんばいなりのさか)

 板橋区西台3-8の北側を南南西に上り、慈誠会記念病院に至る坂。

 『現在、天祖神社に合祀されている番場稲荷の前の坂で、上板橋から中台を経由して徳丸へ抜ける道沿いでした。』
「いたばしの地名」(文化財シリーズ第81集、平成7年(1995年)3月31日発行、編集 板橋区地名調査団、板橋区教育委員会社会教育課)のp115より。
距離: 175m | 高低差: 6.46m
東京都 板橋区 西台三丁目 9-6
緯度:35.775319 経度:139.665621
QRコード

神明坂

nishifu | 2013/12/12 06:24
写真登録: nishifu
131027-30-板橋区-神明坂-坂下P1020479131027-30-板橋区-神明坂-坂上P1020482
神明坂(しんめいざか)

 天祖神社の東側を南に上る坂。

 『神明坂(3丁目)…天祖神社への参道の坂です。』
「いたばしの地名」(文化財シリーズ第81集、平成7年(1995年)3月31日発行、編集 板橋区地名調査団、板橋区教育委員会社会教育課)のp114より。
距離: 175m | 高低差: 13.53m
東京都 板橋区 西台二丁目 25-25
緯度:35.779632 経度:139.669136
QRコード

稲荷坂

nishifu | 2014/1/21 06:22
写真登録: nishifu
131229-10-港区-稲荷坂-坂下P1020845131229-10-港区-稲荷坂-坂下P1020844131229-10-港区-稲荷坂-中腹から坂下方面P1020843131229-10-港区-稲荷坂-坂上P1020840131229-10-港区-稲荷坂-坂上P1020839131229-10-港区-稲荷坂-稲荷神社P1020842
稲荷坂(いなりざか)
 港区赤坂4丁目13と14の間を西南西に上り、途中で曲がり、南南西に上る急坂。
 坂上に末広稲荷神社がある。

 『稲荷坂(1) 赤坂四13/14 薬研坂上、コロンビヤ本社ビル(引用者注:2005年(平成17年)高級マンションへ建て替えとなっているとのことhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%... )東脇を曲がり下る狭い急坂
地下鉄銀座線青山一丁目・千代田線赤坂

(中略)薬研坂上から東北東の丹後坂と下った浄土寺のある谷に向かって二本の坂道がある。並行する南側の一本は円通寺坂で、北側がこの稲荷坂である。(中略)その脇に末広稲荷神社があったので、この坂名がある(後略)』
東京の坂風情(2001年4月14日、著者:道家剛三郎、発行:東京図書出版会)より。
距離: 92m | 高低差: 11.38m
東京都 港区 赤坂四丁目 14-5
緯度:35.673251 経度:139.732086
QRコード

田端八幡男坂

nishifu | 2014/1/27 06:23
写真登録: nishifu
131229-16-北区-田端八幡男坂-坂下P1020880131229-16-北区-田端八幡男坂-坂上P1020881131229-16-北区-田端八幡男坂-八幡神社P1020878131229-16-北区-田端八幡男坂-八幡神社案内板P1020879
田端八幡男坂(たばたはちまんおとこざか)
 『「田畑八幡宮 同所(与楽寺)西の方にあり。田畑村の鎮守とする。相伝ふ、文治5年(1189)頼朝公勧進す。即ち駒込明神宮と同時の鎮座なりと云ふ。」(江戸名所図会)
 同書、雪旦画「田畑八幡宮」に八幡とあり、丘の上に上る男坂が見える』
「今昔 東京の坂」(岡崎清記、日本交通公社出版局、昭和56年9月1日初版)p353より。
距離: 23m | 高低差: 1.24m
東京都 北区 田端二丁目 7
緯度:35.735757 経度:139.758856
QRコード

田端八幡女坂

nishifu | 2014/1/28 05:51
写真登録: nishifu
131229-17-北区-田端八幡女坂-坂下P1020883131229-17-北区-田端八幡女坂-坂上P1020882
田端八幡女坂(たばたはちまんおんなざか)
 『男坂は短く、女坂もゆるやかで、散り敷いた銀杏の葉が、小ぶりなこの二坂に趣を添えている。坂を下りて来る子供連れなどが点景となって、庶民的な親しみがある』 「今昔 東京の坂」(岡崎清記、日本交通公社出版局、昭和56年9月1日初版)p352より。
距離: 14m | 高低差: 0.67m
東京都 北区 田端二丁目 7
緯度:35.735721 経度:139.758878
QRコード

八幡坂

nishifu | 2014/2/1 10:22
写真登録: nishifu
131229-21-北区-八幡坂-坂上P1020906131229-21-北区-八幡坂-標識P1020907131229-21-北区-八幡坂-八幡坂通り標識P1020905131229-21-北区-八幡坂-上田端八幡神社P1020908
八幡坂(はちまんざか)
『田端文士村
八幡坂
 坂の名は、坂下にある八幡神社に由来します。八幡神社と大龍寺の境あたりの道をはさんだ反対側にあった紅葉館に小説家の堀辰雄が下宿していたほか、この坂の近くには、小説家の菊地寛、詩人の室生犀星、画家の倉田白羊、彫刻家である吉田三郎や池田勇八が住んでいました。芥川龍之介は、その随筆に「踏石に小笹をあしらったのは、詩人室生犀星の家」と書いています。
    昭和63年3月 東京都北区教育委員会』
標識より。
距離: 141m | 高低差: 6.4m
東京都 北区 田端三丁目 23-9
緯度:35.737177 経度:139.754596
QRコード

熊野坂

nishifu | 2014/2/7 12:35
写真登録: nishifu
131229-27-北区-熊野坂-坂下P1020951131229-27-北区-熊野坂-坂上P1020948131229-27-北区-熊野坂-標識P1020949131229-27-北区-熊野坂-標識P1020950
熊野坂(くまのざか)
 『この坂は、谷田川通りから西ヶ原3-30の不動院墓地までの坂で、名称は昔、不動院境内にあった熊野神社に由来します。江戸時代の地図によれば、当時の不動院の境内はこの坂に面していて、その北の隅に宝永(1704-11)年間にまつられたという熊野神社が描かれています。つきあたりの道は鎌倉道といわれ、本郷台地から推定豊島郡衙跡に至るので鎌倉時代以前の道とも考えられます。
    平成六年三月 北区教育委員会』
標識より。
距離: 82m | 高低差: 2.5m
東京都 北区 西ケ原三丁目 23-6
緯度:35.743897 経度:139.739300
QRコード

王子稲荷の坂

nishifu | 2014/2/19 05:47
写真登録: nishifu
140105-09-北区-王子稲荷坂-坂下P1030056140105-09-北区-王子稲荷坂-坂上P1030052140105-09-北区-王子稲荷坂-標識P1030053140105-09-北区-王子稲荷坂-標識P1030054140105-09-北区-王子稲荷坂-王子稲荷P1030055140105-09-北区-王子稲荷坂-王子稲荷P1030057
王子稲荷の坂(おうじいなりのさか)
 『この坂は、王子稲荷神社の南側に沿って東から西に登る坂で、神社名から名前がつけられています。また江戸時代には、この坂を登ると日光御成道があり、それを北へ少し進むとさらに北西に続く道がありました。この道は姥ヶ橋を経て、蓮沼村(現板橋区清水町)まで続き、そこで中山道につながっていました。この道は稲荷道と呼ばれ、中山道から来る王子稲荷神社への参詣者に利用されていました。
    平成五年三月 北区教育委員会』
標識より。
距離: 118m | 高低差: 9.21m
東京都 北区 岸町一丁目 11-4
緯度:35.756093 経度:139.733937
QRコード

羽黒坂

まさ・なち | 2014/5/4 22:27
写真登録: まさ・なち
築西_羽黒坂04_140322築西_羽黒坂03_140322築西_羽黒坂02_140322築西_羽黒坂01_140322
別名「役場坂(ヤクバザカ)」...江戸時代、この坂道はなかった。この辺りには、羽黒神社の別当で天台宗羽黒山清滝寺があったが、明治初年の神仏分離により廃寺となった。大正の初め、稲荷町周辺が開発され、商店等が進出したこともあってここの台地が切り開かれ坂道が出来た。その後、大正末期に大改修が行われ、ほぼ現在の坂道になった。(羽黒神社鳥居前の石碑より)
距離: 141m | 高低差: 9.4m
茨城県 筑西市 丙 98-7
緯度:36.308840 経度:139.978856
QRコード

八幡様の坂

まさ・なち | 2014/5/6 15:36
写真登録: まさ・なち
佐倉_八幡様の坂01_130716佐倉_八幡様の坂02_130716
坂を下る途中、右側(東側)にある八幡神社が坂名の由来です。
距離: 193m | 高低差: 12.88m
千葉県 佐倉市 鏑木町 235-1
緯度:35.716674 経度:140.234535
QRコード

お宮の坂

まさ・なち | 2014/5/7 23:36
写真登録: まさ・なち
流山_お宮の坂01_140202流山_お宮の坂02_140202
坂上の東側にある香取神宮(=お宮)が由来のようです。
距離: 128m | 高低差: 5.7m
千葉県 流山市 名都借 1178-3
緯度:35.848970 経度:139.939266
QRコード

弁天坂

nishifu | 2014/5/28 06:31
写真登録: nishifu
140322-13-北区-弁天坂-坂下P1030281140322-13-北区-弁天坂-中腹から坂上方面P1030282140322-13-北区-弁天坂-坂上P1030284
弁天坂(べんてんざか)

 赤羽西4丁目5と20間を上り、赤羽西4丁目22と23の間に至る坂。
『弁天坂(赤羽西4-4、4-21の間)
 見事な急勾配が快い。
(中略)
 坂上の弁天通りを赤羽駅西口に向かって少し行くと亀ヶ池弁財天がある。坂名はそれに因む。『江戸名所図会』雪旦画「静勝寺 亀ヶ池五葉松」を見ると、静勝寺の南方に大きな池が描かれている。いまの弁天通りは亀ガ池を埋め立てたもので、亀ガ池弁財天のある小さな池はその名残りだといわれる。(後略)』
「今昔 東京の坂」(岡崎清記、日本交通公社出版局、昭和56年9月1日初版)より。
距離: 112m | 高低差: 7.36m
東京都 北区 赤羽西四丁目 23-6
緯度:35.774920 経度:139.717072
QRコード

稲荷の坂

nishifu | 2014/6/10 06:13
写真登録: nishifu
140406-03-北区-稲荷の坂-坂下P1030397140406-03-北区-稲荷の坂-坂上P1030391140406-03-北区-稲荷の坂-標識P1030394140406-03-北区-稲荷の坂-標識P1030396140406-03-北区-稲荷の坂-穀蔵稲荷P1030393
稲荷の坂(いなりのさか)

『 この坂道は、赤羽北1-3・4地先から赤羽台4丁目公園付近まで続きます。道筋としては赤羽根村と岩淵宿の境付近で日光御成道(岩槻街道)と分かれ、袋村を経て小豆沢村へと向かう鎌倉道でもありました。昔は坂を登りきると正面に富士山を望むことができたそうです。坂の名称は特にありませんでしたが、坂の途中にある稲荷社にちなんで稲荷の坂ともよばれるようになりました。
    平成6年3月 北区教育委員会』
標識より。
距離: 152m | 高低差: 4.95m
東京都 北区 赤羽北一丁目 6-2
緯度:35.785546 経度:139.715272
QRコード

向陵稲荷坂

nishifu | 2014/7/4 06:06
写真登録: nishifu
140501-02-荒川区-向陵稲荷坂-坂下P1030640140501-02-荒川区-向陵稲荷坂-中腹から坂上方面P1030638140501-02-荒川区-向陵稲荷坂-中腹から坂下方面P1030639140501-02-荒川区-向陵稲荷坂-坂上P1030635140501-02-荒川区-向陵稲荷坂-向陵稲荷神社P1030637
向陵稲荷坂(こうりょういなりざか)
 荒川区西日暮里4-5と4-2の間、開成中学校高等学校の間の道を北東に上り、途中、やや曲がり、北北西に向陵稲荷神社の前まで上る坂。

 この坂の名前は、北区のWeb「道路愛称名一覧」 http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kur... によれば、向陵稲荷神社に因み、地元から要望で、平成2年(1990年)に地元町会から要望で名づけられたものとのこと。
距離: 136m | 高低差: 5.7m
東京都 荒川区 西日暮里四丁目 17-5
緯度:35.732281 経度:139.764357
QRコード

金毘羅坂

nishifu | 2014/8/21 06:06
写真登録: nishifu
140506-07-目黒区-金毘羅坂-坂下P1030880140506-07-目黒区-金毘羅坂-坂上P1030878140506-07-目黒区-金毘羅坂-標識P1030879140506-07-目黒区-金毘羅坂-標識2P1030879
金毘羅坂(こんぴらざか)

『 坂の西側に金毘羅権現社(高憧寺)があったので、坂の名がついたといわれる。
 金毘羅権現社は、江戸名所図会の挿絵にその壮観がしのばれるが、明治の初めに廃寺となった。
 坂の東側には、明治40年に目黒競馬場ができ、昭和8年に府中に移転するまで、この坂は競馬場にゆきかよう人びとでにぎわった。』
東京都の標識(昭和58年3月)
距離: 263m | 高低差: 11.17m
東京都 目黒区 下目黒三丁目 1-2
緯度:35.632614 経度:139.708167
QRコード
前 | 1 | 2 | 3 |